2022年11月24日

もうすぐ師走

kouyou.jpg
これから寒くなるのに、仕事場のエアコンが故障、家のシャワーの水漏れ、歯科医院通い、付け加えて腰痛。どれも先延ばしできないので、仕事以外のことでバタバタしています。実際はヨタヨタしているのが正解。この便利な社会ではちょっと歯車が狂うとあちこち連絡をとらなければならず大変です。昔のように近所の職人に声をかければ済むということも無くなってきました。静かに残された時間を気ままにというのは夢の話のような気がしてきました。それでも初めての人に要領よく内容を伝えることはボケ防止と納得して乗り切るしかありません。
posted by 代表 at 17:59| 日常

2022年11月17日

100万円の家

2階建.jpg
もの心も付く前に父親に見せられたのが近所にできた「100万円」の二階建ての家。ほとんどが平屋だった頃に、立派な庭を前にその家がそびえていました。「100万円」の価値もわからずにしばらく眺めていた記憶があります。広そうな廊下と大きなガラス戸、そしてそれぞれの窓に付いていた雨戸袋が印象に強く残っています。今の価値で言えば3,000万くらいかもしれないので、びっくりすることもないのでしょうが、大戦後10年くらいで、それだけのお金をローンとかのしくみも整っていない中でかけられることはやっぱり当時の庶民感覚では話題にすべきことだったのかもしれません。憧れていた二階建てに私が住めるようになったのはそれから15年ほどしてからですが、それでも齢とともに最近はこじんまりとした平屋で十分だなと思うようになりました。
posted by 代表 at 17:19| 日常

2022年11月10日

インスパイア?

似て非なる.jpg
工業製品のデザインのオリジナルを辿ることは難しいものです。微妙なバランスの違いで人の意見は分かれてしまいます。意匠の権利を登録したり、争いの是非は最終的には担当者役人の判断に委ねられることになります。たぶんこうした判断もそのうちAIが担当することになるのでしょう。古い雑誌などで、これを参考にしたのではないかなと似た商品を見つけたりするとちょっと「ニヤニヤ」してしまいます。このモデルも最近国内で復刻された著名モデルの大元だと推測しますが、50年以上昔のことですので問題は無いでしょう。ですがいつの頃からかこうした事例にあたって、「インスパイアされた」という英語で胡麻化されてしまうことがあるのは不満です。
posted by 代表 at 17:10| 時計の話

2022年10月22日

30億人はいつのこと

鉄人.jpg
60年前、夢中にいろいろな漫画の主人公を書いていました。今でも空で描けるかやってみました。本物と照らし合わせるとちょっと違っていますが、こんな感じだったと思いますし、欲しいと言われると嬉しくて同級生に描いてあげていました。今では見るかげもありませんが、子供時代の吸収力はきっと凄かったんだろうなあと懐かしむしかありません。少々刻まれた記憶の強力さに戸惑うことが今でもあります。当時の「世界の人口30億人」「1ドル360円」の記憶はそんなことが話題になるたびに頭に浮かんでしまい判断の妨げになったりしてしまいます。余談ですが、鉄人28号の実写版があったのですが、あまりの違いにがっかりして実写版アレルギーになってしまいました。
posted by 代表 at 18:33| 本・雑誌

2022年10月16日

修理したい

ガラス交換.jpg
古い時計でもガラスを換えるだけで、ぐっと見映えがします。スッキリ文字盤が見えることは気分もスッキリします。それに古い時計ほど自分でできることが多いのです。やっかいなことに時代とともに素人の手には負えなくなってきます。それは買手側の様々な要求に応えてきた結果ですので仕方のないところです。例えば防水性や強度などです。それでも細かなことに気を使って、多少の不便も気にしなければ自分で直せる楽しみをもっと残せたのにと思います。不具合が出たときに「便利は不便」と思うことは身勝手な言い分ですか?
posted by 代表 at 14:17| 時計の話

2022年10月07日

キャッシュレス

watch shop.jpg
何かある時に、相談をする古い時計屋さん。私からは時計の資料を提供したり、修理を希望するお客さんを紹介したりしていますが、その代わりに手持ちの時計の修理などをしてもらったりしています。ですので物々交換ともいえるやり取りが結構あります。言ってみればこれもキャッシュレスです。小さな世界のことですが、なんか昔はこんな感じで済んでいたことがいっぱいあったような気がします。今の時代には安心できないと言われるでしょうが、器械やカードなどが要らないローコストなシステムです。
posted by 代表 at 18:36| 日常

2022年09月29日

言い方次第

中古時計.jpg
ネット上での取引が普通になり骨董店に出かけたり、雑誌の巻末にある個人取引ページでハガキを出したりしなくても、比べものにならないくらいの品物を物色できるようになりました。そうしたなかで、ミントコンディションなる言葉も普通に使われるようになりました。売れ残り品、在庫品が多いのですが、急にありがたい言葉のようになってしまっています。こうした言い方の変更は世の中のいろいろなところでよくありますので注意が必要です。経年変化による色や、質感の違いを楽しむ余裕が無いと要らぬもめ事を生んでしまいます。何といっても価格が圧倒的に違いますので周囲から非難を受けることを減らせます。
posted by 代表 at 17:04| 日常

2022年09月23日

こぢんまり

献花.jpg
もう何時からかも思い出せないくらい長いことマスクをしていますが、そんな中でも良かったかなと思うこともあります。何となくズルズルと参加していた種々の催事に、今は断りをいれても気まずさが無くなったことです。本来の意味について考え直す良い機会のように思います。こぢんまりと内輪だけで必要最小限で催すことがより有意義な気がします。多くの人を集めるのが目的であったり、まして公金が使われるようであれば見直されるべき事柄です。
posted by 代表 at 16:55| 日常

2022年09月18日

塞翁が馬

時計職人.jpg
海外向け腕時計の担当をしていた頃は1ドルが150円から短期に100円を切ってしまい、本当に苦しい時代でした。内外からいろいろな事柄でのコストダウンが求められました。もの作りの現場がどんどん海外に出ても行きました。円高に苦しめられた身とすれば単純なことではないと承知しますが、最近の円安により国内でもの作りが再興できるようになれば悪いことばかりではないぞと思います。皮肉なことに日本だけが賃金が何十年も上がってないことも不幸中の幸いといえそうです。
posted by 代表 at 18:03| 日常

2022年09月10日

過ぎたるは

鉱石ラジオ付.jpg
鉱石ラジオ付の目覚まし時計。後ろの収納部からアンテナ線とイヤホンを取りだして前のつまみを回して雑音交じりの音でを聞いていたわけです。小学校の頃、鉱石ラジオをを作った気がするのですが、曖昧な記憶しかないのはよく聞こえなかったせいだと思います。そんな機能のものでも需要があったとすれば当時の人たちは情報を集めることに貪欲だったのだろうと推測できます。今は全く逆の環境の中にいることは確かです。ちょっとパソコンでも、スマホでも調べ物をすると、不慣れな私はいろんな情報の網の中を彷徨ってしまうことがあります。敵はいろいろな罠をしかけてきますので、油断もスキもありません。「過ぎたるは猶及ばざるが如し」現代に一番必要な言葉のような気がします。
posted by 代表 at 18:57| 日常