2017年11月20日

ちょと足し

デュアルタイム.jpg
最近はソーラー電池で動いて、GPSの位置情報で世界中どこにいても時間合わせをしてくれる便利な黒っぽいダイヤルで数字や針がいっぱい付いた時計が各社からでています。年寄りには時間がかえって読み難いと思っているのですが、それなりのお値段がついています。今回の時計ももう少しで半世紀になってしまいますが、一本だけ時針がちょっと足されただけのものです。実際にビジネスレベルで使用してみると基本にしたい時間とあとは現地時間が分かる時針があれば充分ですし不便でもありません。技術レベルに差が無いと各社同じ顔つきになってしまうのでしょうが、何ともならないのでしょうかと会社人間でない身軽さからは思います。
posted by 代表 at 17:42| 時計の話

2017年11月18日

これも半世紀−U

中学校レイアウト.jpg
同窓生の近況交換から当時の中学校の建て替え前の旧レイアウトが気になりだして、思わず描いてみました。半世紀前ですからおぼろげな記憶なのですが、いやにはっきり覚えている所と全く思い出せない場所があります。古い出来事でも、当人にとっては人生を左右したかもしれないことも周りの人には全く記憶に残っていないことがあります。同窓会でも全く話が合わないことが良くあります。案外どうでもよいことに囚われていることは当人だけであることが多そうです。しばらくぶりに記憶をフル回転させたので少々疲れました。
posted by 代表 at 15:30| 日常

2017年11月10日

これも半世紀

ACUTRON.jpg
半世紀前の雑誌に宇宙時代に向けた世界最先端の技術をアピールする「音叉式腕時計」の広告が大々的に載っていました。翌年にはクオーツ式が発売されますので、世の中の無常さの典型的な例のひとつです。その中にあったこの写真のモデルの中古品を手に入れていたのですが、裏側に近くのゴルフコース創立記念の文字が刻まれていました。ゴルフも当時はステイタス感いっぱいだったはずですので、二重に時の流れを感じさせてくれます。デッドストックでない品物にはそうした話がついて回るのも興味深いところです。
posted by 代表 at 18:31| 時計の話