2019年10月30日

身の丈

ファミリーカー.jpg
50年ほど前とはいえ、当時のベストセラーの車は今の軽自動車と幅はほぼ同じでした。今や軽自動車の販売台数が多いのはこの辺りの幅サイズでも「身体的な身の丈感」にしっくりくると思う人が多いのかもしれません。しかし今や「経済的な身の丈感」のばらつきは益々広がりつつあるようで、安全対策があるとはいえ大柄な車ばかりです。経済的身の丈感の世間の平均値は大分上がっているようで、なにやら取り残されているのが実感です。身の丈という言葉は自分自身を振り返るときには大切なことですが、人に投げかけるには上から目線な感じが付きまとうことを承知しておくことが大事だと思います。
posted by 代表 at 14:42| 言葉

2019年10月23日

紙一重

river side.jpg
千曲川流域には大きな被害がありました。諏訪でも警戒レベル5のアナウンスがあり、いくつかの避難所には人が集まりました。我が家の近くを流れる川も危ないところでした。それでも雨雲レーダーをみる限りでは、わずかに豪雨がずれてくれたせいで、幸い被害も無く済むことができました。振り返れば、子供時代の狩野川台風も伊勢湾台風もローソクを点けながら、なんとかやりすごした遠い記憶があります。今後はまだわかりませんが、紙一重のことでしかないと肝に銘じつつそれだけでも十分感謝すべきことなのだと、少々落ち込むことが多くなりつつあるこの頃に気を取り直しています。
posted by 代表 at 19:01| 日常

2019年10月14日

IT系手工業

藍染.jpg
藍染の布ですが、こうした微妙な均一でないグラデーションは気持ちを落ち着かせてくれます。写真ではそのまま撮れますが、PC上のソフトだけでもし作成するとしたらとんでもない時間と手間がかかります。少しづつ少しづつ作成しなければいけませんし、仕上がりもなかなか満足できないものです。出来上がったデータを展開することはコンピューターの得意技ですが、データの作成にはこうした地道な作業が必要な個所も多いのです。細かなところまで書き込むことができるので、期待値も高くなっているのも困りものです。それでこうした苦労をIT系手工業と呼ぶようにしています。
posted by 代表 at 17:18| 仕事

2019年10月02日

はずせない日除け

日よけ.jpg
もう10月なのにまだ日除けを掛けています。あと2週間もしたら朝晩にストーブを点けるのが普通なのに、今年の残暑はしぶとい。衣更えということで、汗をかきかき学生服で通った静岡時代。今や諏訪も同じです。とんでも無く寒い冬、涼しい夏は語り草になりつつあります。それでも真夜中や、夜明け前にマラソン選手を走らせなくても良いので、もう遅いですが諏訪湖2周オリンピックコースどうでしょうか?
posted by 代表 at 15:32| 日常