2020年03月27日

いつも通り

spring yard.jpg
春の遅い諏訪地方に、花の季節の兆しが気持ちを盛り上げてくれる3月なのですが、あの地震の時の放射能のように、今回のウィルスが落ち着かないザワっとした気分にさせます。目に見えないものの怖さを改めて感じていますが、それにもまして人間の厭な面が見えてくることと、そして自分にも当てはまることに気づくことが、よりふさいだ気持にさせてしまいます。それでも庭の花は静かにいつも通り咲いています。いつも通りということの危うさと有難さが身に染みます。
posted by 代表 at 19:37| 日常

2020年03月17日

フリーです。

フリーランス.jpg
世の中の動きに左右されるのは仕方のないことですが、仕事場にこもっていることが多くなりました。しかし、何もしないでいることは何の実入りもないことになってしまいますので、それはそれは困ったことです。なんの保証もない個人事業ですから、少しでも依頼主の期待に応えたいと頑張るのみですから、他人様の評価は二の次みたいに思っていました。私には小中高生の身内はいないので関係がないことと言え今回のウィルス騒動の休業補償が雇用者の半分と聞いて怒るというより悲しい気持になりました。フリーであることを若い人に繋げない危機感だけが募ります。
posted by 代表 at 18:49| 仕事

2020年03月01日

沈黙は金ではないけれど

ワインラベル.jpg
お酒を嗜むことができない体質なので、お酒の蘊蓄を披露されると付いていけないことが多く、雰囲気を壊していることを薄々というよりはっきり感ずることがあります。そのようでは飲み会なるものを年に2回有るか無いかという面白くない人生を送ることになるようです。人生の半分を損しているように言われもするのですが、思えば我が振り直せの言葉通り自分としても、自らの言葉に酔ってしまっているだけのこともありそうです。仕事上でも興味のないことに振り向いてもらえるように話すことは簡単なことではないです。最近の一方的にでもしゃべることが全てみたいな風潮はSNS時代を反映していると言えます。
posted by 代表 at 16:01| 日常