2020年08月25日

夏休みの課題

一研究.jpg
夏休みの楽しさを半減させる宿題は、「理科の一研究」と「読書感想文」でした。休みが終盤になると、どうしてできなかったかの言い訳を繕うか悩んだものです。言い訳は嘘で固めるわけですので、それはそれで生きていく術を学んだとも言えないことはありません。2020年この夏休みの時期に大きな課題を与えられた気がします。コロナ禍の中、じっと静かにしているとしか言えない年配者でありますが、若い人達に良きアドバイスができないもどかしさだけが募っていきます。
posted by 代表 at 18:32| 日常

2020年08月19日

ソーシャルディスタンス

田んぼ道.jpg
最近はカタカナ語が氾濫して困りものですが、カタカナ表記することで様々な事象を取り込んでしまう日本語の利点でもあることは認めます。そしてそれが漢字文化を残し守ってきたことでもあるわけです。でも地方暮らしでは馴染めないカタカナ言葉も良くあります。仕事場までの4kmは信号機をひとつもかからずに行くことが可能です。今は緑の田んぼの中の空いた道を車や自転車で通いますので、ソーシャルディスタンスとは何ぞやといったところです。
posted by 代表 at 18:14| 日常

2020年08月09日

凸凹感

サムホール絵.jpg
仕事がら、平面的な絵や図を描くことが多いので、凸凹した作品をみるとその手仕事感に憧れてしまいます。閉じこもり状態の中でそれではと粘土と絵の具を使って、凸凹した絵を製作中です。塗っては削り、削っては塗るの繰り返しですが、初めての手法なので狙い通りになかなかなりません。筆、指、やすりまで出動するのですが、終わりが見えないことに悩み始めているところです。楽しみを見つけ出すにはもう少しかかりそうです。
posted by 代表 at 14:02| 風景