2020年09月29日

延期です

SCHOOL.jpg
小学校の親子教室の講座で、クロックの組み立てを毎年教えているのですが、今年はこんな時期ですのでなくなりました。それなりに準備がいるので、ちょっとめんどくさいなと思ったりしていました。でも閉じこもりの日常を過ごしていると、小学生や、その親御さんと多少でも話をする機会など持つことがなかなか無いこと、それなりに仕事上のアクセントになっていたということが分かってきました。周囲の稲刈りも終わりに近づいてきた今、このわけのわからないまま過ぎてしまった今年の達成感の無い感じがなんともいえません。
posted by 代表 at 18:33| 日常

2020年09月22日

諏訪湖を泳ぐ

SUWAKO-SA.jpg
諏訪湖をトライアスロンの競技愛好者が試泳したそうです。私にはまだその勇気?はないのですが、無事完泳したそうです。浄化も進み水質の問題はクリアした水準になってきているそうなのですが、見た目には推奨できそうにはありません。これも人によって行動の優先順位が違うということですね。「泳ごう」が最優先の人にはなんの躊躇もないということです。最近はこの優先順位の違いによって起こるもめ事に辟易することも多いのですが、この潔癖症の人には無謀と思えることが、より浄化への動きを加速してくれることを望む気分です。
posted by 代表 at 15:52| 日常

2020年09月09日

ちょっと不便でも

小振りエニカ.jpg
下諏訪の儀象堂のロビーで秋に向けて、機械式時代の婦人用時計の展示を始めました。これもまあ終活の一環で、持ち物の行く末を考える手がかりにしようと思うからです。腕時計は工業製品としては珍しく女性専用にアプローチがなされました。差別ではなく、区別と言えますが、例えば小さいことこそが目標になっていて、それでは時間が読み難いだろうという時計が多くあります。それが一部ではなく主流商品であったことに、世の中に生まれる流れの怖さを感じてしまいます。それにしてもいつの時代でも「かわいい」という概念に他を圧倒してしまうパワーがあることは確かです。
posted by 代表 at 17:05| 時計の話