2021年01月24日

クリックするだけ?

メカ多軸.jpg
ある企業からの依頼でデザインした時計ですが、ネット上の限定販売で、あっという間に売り切れたそうです。戦後生まれ(古い?)の感覚ではそれなりの価格のものは現物を確認しないで購入することはなかなか決心がつかないことなので、むしろ気に入ってもらえるのかと不安な気持ちになります。気に入らなかったら返せば良いという感覚もシステムも今様なのでしょうが、この簡便さが無駄とも思えるほどの内容を記した、ものすごく仰々しい注意書だらけの取扱説明書を作っていることは確かです。
posted by 代表 at 14:46| 時計の話

2021年01月16日

冬の言葉

冬日可愛.jpg
冬の晴の日を愛しもうということですが、温和で恵み深い人のことも意味するそうです。年を重ねるとともに解ってくる言葉です。生活していくことはそんなに生易しいことではないことも確かですし、悩みも尽きませんが冬の日差しを楽しみたいものです。諏訪地方は「寒天」の生産地ですから。晴の日も多いのですがそんな朝は一段と寒くて、日中の日差しは何にもまして嬉しいものです。コロナ禍では、寒くて乾燥していることは危険なことになっていますが、一人でのんびりするのは問題ないでしょう。
posted by 代表 at 12:51| 日常

2021年01月10日

気合

2021年賀.jpg
「あけましておめでとう」とは書き辛いと初めて思った年賀状です。今年で古希になる身として思っていたのは、いじめなどの言葉も一般的でなかった幼少期、馬鹿げた授業料でもなかった学生時代、父のように戦争に駆り出されることも無かったことなど、案外幸せだったかなと思っていたら、この終わりの見えないコロナ禍。「普通」の生活が「普通」でなかったことを痛感していますが、絶対マスクを気にしないで生活できるまでは生きてやるぞとめったにない気合を入れています。
posted by 代表 at 16:06| 日常