2021年12月11日

はや一年

一年間.jpg
仕事場の入口で、アルコール消毒液の隣に立っている門番のような藁牛もあとわずかで仕事納め。次の年賀状を考える時期になってしまいました。世の中の騒ぎにかかわらず、あいも変わらずポツンと一人事業主でしたから驚くほど今まで通りのペースでやってきました。毎日仕事場に通ってくるのが当たり前すぎて、リモートワークのように家でずっと仕事をすることを考えることは想像もできません。気持ちの切り替えになるのですが、その維持のために働いている気がしないでもないところが、悩ましいところではあります。
posted by 代表 at 16:34| 日常