2022年05月25日

古いクオーツ腕時計

ブラインドウォッチ.jpg
クオーツ腕時計が世に出てから50年以上が経ちました。当時はその脅威の精度で機械式時計の終焉が唱えられました。現在は様々なところで提示される時刻はどれも正確に制御されているものです。ですから単純な電池だけで動いている昔ながらのクオーツ腕時計が、機械式などを除けば世の中で一番ずれているということになります。正確性の象徴であった秒針は、ズレを象徴するものになってしまいました。そのせいか最近は秒針の無いクオーツ腕時計をすることが多くなりました。だいたい時間が分かればと思えばほとんど時刻修正をすることもありません。
posted by 代表 at 13:08| 時計の話

2022年05月18日

手放し方は?

ユニバース.jpg
腕時計は主に男性の趣味の対象であるせいだと思いますが、ちょっと古めの婦人用の腕時計はかわいそうなくらいの価格で手に入れることができます。仕事がら婦人用モデルに携わっていたことがありますので、見捨てられるのが惜しい気がしてつい手を伸ばしてしまいます。時代の経過とともに男女ではなく、仕事がらや、志向で商品が分けられるようになり、あまり小さな腕時計は作られなくなりました。新聞の文字のように読み難さが敬遠されてきたこともあるでしょうし、なにより「〜らしさ」を時計に求められなくなったということでしょう。それにしても、自分で身に着けない小さな時計たちを貯め込んでおくことはもったいないことなので、行く末を考えなくてはならないのが悩みです。
posted by 代表 at 12:25| 時計の話

2022年05月08日

過ぎたるは・・・

新聞.jpg
職人であった父は、朝夕の新聞を隅々まで読むのが日課でした。新聞小説もじっくり読んでいました。全部を広げても畳一枚はないであろう新聞紙面が情報源でした。現在の私たちは一日中何らかの情報に囲まれています。半分は理解不能の事象。残りの半分以上に腹を立て、自分を納得させるわずかなことを見つけて安心するといった具合です。なにやら時間の甚だしい無駄遣いをしています。小一時間だけを集中して楽しんでいた父の時代を羨ましいと思ってしまう昨今です。
posted by 代表 at 18:37| 日常