2018年04月16日

名前

春の土手.jpg
諏訪の平では一斉にいろんな花が咲き始めています。道端の雑草では一度で名前を覚えたのは「ヒメオドリコソウ」。外来種で繫殖力も強く、見かけにしては可憐な名前の植物なのですが、名前に少し騙されてちょっと可愛くもみえてきます。仕事がら名前を考えることは良くあるのですが、言葉のイメージは印象を決めてしまうので、ないがしろにはできないことです。行き過ぎたダジャレ風や、方言に寄り過ぎたネーミングは慎まなくてはならないと気を付けています。
posted by 代表 at 19:32| 植物