2019年09月05日

籠めるもの

マツダラジオ.jpg
音もまともに出ないのに、同じ頃この世に生まれたというだけで手にいれてしまったラジオ。新しい素材のプラスチックを使えるうれしさが伝わってきます。新しい造形を求めたのでしょうが、それでも「嫌味」な感じがしないのが救いです。コンピューターという道具を得て、手に負えなくなってしまった造形感覚で「威圧感」を生み出している現在の車たちは、それを受け入れる風潮を表してもいるのでしょう。
posted by 代表 at 17:34| 雑貨