2020年08月09日

凸凹感

サムホール絵.jpg
仕事がら、平面的な絵や図を描くことが多いので、凸凹した作品をみるとその手仕事感に憧れてしまいます。閉じこもり状態の中でそれではと粘土と絵の具を使って、凸凹した絵を製作中です。塗っては削り、削っては塗るの繰り返しですが、初めての手法なので狙い通りになかなかなりません。筆、指、やすりまで出動するのですが、終わりが見えないことに悩み始めているところです。楽しみを見つけ出すにはもう少しかかりそうです。
posted by 代表 at 14:02| 風景