2021年03月09日

回らない天下の金

学習用腕時計.jpg
小中学生が組立る腕時計。組み立てた後は喜んで身に着けてもらいたいので、コストには最大の配慮をしつつ見映えが大事。それでも基本的機能の時間を示す正確さは1000倍の価格の時計より劣ることはありません。同様に世の中には起こっている事象の意味に差はないのに全然違う価値で回っていることは良くあります。こうした価格の2重構造が大げさに言えば貧富の差の実態です。同じ土俵の上に立っていない人同士ですから、分かり合えるには相当の想像力が求められます。
posted by 代表 at 18:31| 日常