2022年05月18日

手放し方は?

ユニバース.jpg
腕時計は主に男性の趣味の対象であるせいだと思いますが、ちょっと古めの婦人用の腕時計はかわいそうなくらいの価格で手に入れることができます。仕事がら婦人用モデルに携わっていたことがありますので、見捨てられるのが惜しい気がしてつい手を伸ばしてしまいます。時代の経過とともに男女ではなく、仕事がらや、志向で商品が分けられるようになり、あまり小さな腕時計は作られなくなりました。新聞の文字のように読み難さが敬遠されてきたこともあるでしょうし、なにより「〜らしさ」を時計に求められなくなったということでしょう。それにしても、自分で身に着けない小さな時計たちを貯め込んでおくことはもったいないことなので、行く末を考えなくてはならないのが悩みです。
posted by 代表 at 12:25| 時計の話