2022年09月10日

過ぎたるは

鉱石ラジオ付.jpg
鉱石ラジオ付の目覚まし時計。後ろの収納部からアンテナ線とイヤホンを取りだして前のつまみを回して雑音交じりの音でを聞いていたわけです。小学校の頃、鉱石ラジオをを作った気がするのですが、曖昧な記憶しかないのはよく聞こえなかったせいだと思います。そんな機能のものでも需要があったとすれば当時の人たちは情報を集めることに貪欲だったのだろうと推測できます。今は全く逆の環境の中にいることは確かです。ちょっとパソコンでも、スマホでも調べ物をすると、不慣れな私はいろんな情報の網の中を彷徨ってしまうことがあります。敵はいろいろな罠をしかけてきますので、油断もスキもありません。「過ぎたるは猶及ばざるが如し」現代に一番必要な言葉のような気がします。
posted by 代表 at 18:57| 日常