2018年11月24日

諏訪を描く展

時計職人.jpg
諏訪湖畔の「ガラスの里」で「諏訪を描く展」という公募展がありまして初めてエントリーしました。「時計職人」という題名の小さな人物画です。どうしても風景画での参加が多くなるのですが、仕事として関わってきたこともあり、諏訪の職人にスポットを当てたくて描くことにしました。何十人と並んで時計を組んでいた光景は今は昔ですが、忘れてほしくない諏訪地方の姿です。今回はお世話になっている方をモデルに描きました。
posted by 代表 at 14:55| 時計の話

2018年10月14日

気分

グラデーションダイヤル.jpg
育った環境がその人の嗜好に一番影響するのだろうとは思いますが、自分でもどうしてか分からないことはよくありますから他人についてはなおさらです。仕事上デザインに関しても「何か違う気分」と感覚寄りで答えらてしまうと折り合いがつかなくなってしまうことがあります。いつもはシンプルな時計を着けていても派手なものを選びたい気分になることは確かにありますから「話が違う」とは言えないのが辛いところです。
posted by 代表 at 17:03| 時計の話

2018年09月24日

柱時計

掛時計イベント.jpg
毎年開催される「諏訪湖まちじゅう芸術祭」のイベントで柱時計の展示即売がありまして、ポスターを頼まれ作成しました。台数も限られていたのでアッという間に完売してしまいました。どんな方がどんな理由で購入されたかわかりませんが、暮らしの中に取り込んでほしいものです。日本家屋では掛時計というより柱時計の呼び名がピッタリします。エアコンなどが無かった風の通り抜ける家ではどこにいても時を打つ音が聞こえたものです。踏み台を用意し、鍵を巻くことを任されるのは大事な仕事でした。
posted by 代表 at 16:10| 時計の話

2018年05月11日

使い心地

時間を見る.jpg
ワイシャツ作りの職人が「着ていることを忘れるシャツ」が理想と言っていました。となれば付けていることを忘れる時計が理想ということになりますか。確かに大きく厚い時計は仕事上は邪魔ですし、何よりも「できる感」がしないと思うのですがどうでしょう?オーダーで袖を短めにしたりする御仁もいるかもしれませんが時計の目立ち過ぎは無粋な気がします。日本の時計会社はドレスウォッチメーカーと呼ばれるためにクオーツ腕時計は薄型を目指していました。
posted by 代表 at 17:26| 時計の話

2018年05月05日

時計のW?

時計の4.jpg
今は手軽に情報が手に入るので、知らなかったことでもそこそこに視覚化できてしまったりするのですが、ちょっとしたところでほころびが出てしまったりします。ローマ数字の時計をアレンジした画像が出てきたりしますが、4がWになっていることが良くあります。ロンドンのあのビッグベンもWなので間違いということでもないのですが、身の回りに使用される時計の4は棒を4本ならべて表記することが古くからの習わしになっていて、今も時計だけに使われている特徴的な数字です。バランスもその方が良いので、よほどの理由がない限りはいまでもそのまま棒4本にしますが、時計業界のみの暗黙の了解ということでしょうか。自分の仕事を振り返ってみて、そんなことも知らないただの門外漢といわれることをしているかもしれないと思うとドキッとします。
posted by 代表 at 18:05| 時計の話

2018年03月16日

生きる道

arita-subdial.jpg
受験に際し、シンプルなアナログ時計しか持ち込めないそうです。急にそういわれてもスマートフォンしか興味のなかった高校生はリューズの使い方から教えないといけないことになってしまいます。そのためには電池寿命が明らかに残っているものをいじらなくても良い状態でそっと持たせることになります。またまた古い話で恐縮ですが機械式時計の全盛期では時計屋さんの収入源は修理代でした。メンテナンスしながら持ち続けるという共同作業のようなところがありました。でもお客様が神様になるにつれそんな図式も壊れてきました。隔世の感がありますというしかないのが現実です。
posted by 代表 at 19:55| 時計の話

2018年02月17日

内を知る

watch parts.jpg
ちょっと頼まれて、組立ての実習用に腕時計を分解して分かりやすくパーツを並べてみました。改めて小さな部品を見ながら、電気仕掛けでもないのに規則正しく時間を刻むことの不思議さを実感しました。機械式時計の品質は部品を見ることでその差が歴然とわかります。その差が価格に反映されている部分もありますが、摩訶不思議な力が働いていることも確かです。それはともかく自分に合ったものを見つけてほしいと願っています。
posted by 代表 at 17:44| 時計の話

2018年01月28日

信州から

shinshu japan.jpg
メインのケース部品を自社で作り出し、県内製のムーブメントを調達、調整し、合わせて組立て検査も行う「信州製」といえる腕時計が、安曇野から生まれました。この「時計らしい時計」が信州での腕時計作りの歴史を受け継げるよう応援をよろしくお願いします。
posted by 代表 at 16:18| 時計の話

2017年11月20日

ちょと足し

デュアルタイム.jpg
最近はソーラー電池で動いて、GPSの位置情報で世界中どこにいても時間合わせをしてくれる便利な黒っぽいダイヤルで数字や針がいっぱい付いた時計が各社からでています。年寄りには時間がかえって読み難いと思っているのですが、それなりのお値段がついています。今回の時計ももう少しで半世紀になってしまいますが、一本だけ時針がちょっと足されただけのものです。実際にビジネスレベルで使用してみると基本にしたい時間とあとは現地時間が分かる時針があれば充分ですし不便でもありません。技術レベルに差が無いと各社同じ顔つきになってしまうのでしょうが、何ともならないのでしょうかと会社人間でない身軽さからは思います。
posted by 代表 at 17:42| 時計の話

2017年11月10日

これも半世紀

ACUTRON.jpg
半世紀前の雑誌に宇宙時代に向けた世界最先端の技術をアピールする「音叉式腕時計」の広告が大々的に載っていました。翌年にはクオーツ式が発売されますので、世の中の無常さの典型的な例のひとつです。その中にあったこの写真のモデルの中古品を手に入れていたのですが、裏側に近くのゴルフコース創立記念の文字が刻まれていました。ゴルフも当時はステイタス感いっぱいだったはずですので、二重に時の流れを感じさせてくれます。デッドストックでない品物にはそうした話がついて回るのも興味深いところです。
posted by 代表 at 18:31| 時計の話

2017年10月26日

片隅

ラド―電子テンプ.jpg
決して自分から積極的に助けるわけではないので、どちらかといえば弱気の判官贔屓の性格が災いして、今は忘れ去られてしまいましたが、短期間売られていた電池駆動のテンプ式の腕時計に少し肩入れしています。「マーストロン」といういかにも名前が新時代をアピールしています。音叉式の「アキュトロン」水晶式の「アストロン」、当時はトロンが大流行りでした。仕事がら時代の流れを無視することはできないのですが、多数派というものには危うさが隠れている気がしてしまうのです。
posted by 代表 at 17:56| 時計の話

2017年08月11日

縮み志向では?

安曇野にて展示.jpg
安曇野の「復刻堂」さんに並べられた時計です。戦後から15年くらいの間に諏訪で作られたものです。腕時計は少しずつ大きくなってくるのですが、戦後すぐの男性用と比較すると現在は平面的に2〜3倍の大きさになっています。「縮み志向」といわれる日本人ですが、様々なところで反対の現象が見て取れます。お盆の帰省ラッシュですが車体のそれぞれが50センチ短いと渋滞もだいぶ短くなるのではと思ってしまいます。
posted by 代表 at 12:40| 時計の話

2017年08月03日

お出かけください

昭和30年広告.jpg
安曇野の時計屋さんでイベントが開催されるので、そこに合わせて信州発の少し古い手巻腕時計を一月ほど展示します。戦後〜昭和30年代初期のスイスに追いつくというよりは、国産の時計作りをいかに一人前にしていくかという気概が感じられる時計です。目指す方向がはっきりとしていた幸福な時代であったかもしれません。この後の高度成長期、電子化の波で時計作りは大きな転換期を迎えてしまうことになります。
posted by 代表 at 13:29| 時計の話

2017年06月14日

裏蓋

裏蓋物語.jpg
時の記念日ということで下諏訪「儀象堂」で腕時計の展示をしました。今回は裏蓋をテーマにしてみました。あまり裏蓋が取り上げられることもないのですが、工業製品でこんなに裏を簡単に見ることができるものも少ないと思います。何事もそうだと言えませんが、裏を見るとどこまで心配りされているのかがわかり、素性の確かさなど表からでは判別できないことが見えてくるのが面白いところです。
posted by 代表 at 12:46| 時計の話

2017年04月17日

栄枯盛衰

敏工舎掛時計.jpg
終活というわけではないですが、身の回りを整理しなければと思い始めましたが、すぐに手が止まってしまい一向に進みません。名古屋には今では想像できないほどの掛時計メーカーがありましたが、そんな離合集散の中で昭和初期に2〜3年でなくなった敏工舎の掛時計を久々に眺めました。。中央にテンプが見えるタイプで振子ではないことで、正確さを売り込んだのですが上手くいかなかったのでしょうか?それとも組織に問題があったのでしょうか?そんなことも考えながら、またこの時計を手に入れたときの状況などを思い出しているときりがありません。
posted by 代表 at 16:52| 時計の話

2017年03月28日

カタチばかりの・・・

二重ケース.jpg
3月末まで時の科学館「儀象堂」で戦前のモデルを中心に展示をしています。趣味というより仕事上の参考として集まったものです。腕時計が貴重な時代でしたが今よりずっと外装は華奢にできていました。。太平洋戦時下では保護ケースが売られていましたがとても南のジャングルでの使用に耐えられなかったと思います。スイス製、アメリカ製とは比べ物になりませんでした。それを見ただけでも無謀な戦いだったことを感じさせます。
posted by 代表 at 13:25| 時計の話

2017年02月14日

ソニックな形?

電池掛時計.jpg
古い掛時計を直してくれる街の時計屋さん。店頭に不思議な形の掛時計があったので思わず写真に撮りました。埃まみれになっていたのを手を尽くし動くようにしてありました。初期の電池時計は部品も無く、電池漏れもあったりで修理は難しいものです。昭和30年代はプラスチックの成形技術とあいまって、モダンというのか未来的というのか不思議な形の製品が「〇〇ソニック」という名前でたくさん市場に出回りました。そのスタイルはともかく何やらポジティブな感じはうらやましいと思ってしまいました。そして何より、売るためというより、動かしたいという店主に拍手です。
posted by 代表 at 19:14| 時計の話

2017年02月06日

20周年

20'イベント.jpg
下諏訪の儀象堂も20周年を迎えます。一階の片隅でささやかにイベントをすることになりました。今回はいろいろな苦難の時代を生きてきた、国産の初期腕時計を並べることにしました。ただただ古い時計が面白いだけですが、100年を過ぎた日本の腕時計の行先を考える機会になればとも思います。
posted by 代表 at 19:08| 時計の話

2016年11月05日

先のことは?

postwar watch.jpg
長い秒針がモダンで、読み易く、技術的にも新しかったので、今でも普通に見かける小秒針の腕時計は昭和30年代に入ると生産されなくなりました。昭和40年代には機械式時計はなくなるとの意見が当たり前でした。かように時計に限らず時代は先を見間違えることがあります。時代の勢いの中で、多数決で物事を決めていくことは仕方のない面もありますが、少数意見の中にこそ真実があるかもしれないことを見極めないと後々後悔することがあります。ただその検証には保証のない時間が必要なのが悩ましいところです。
posted by 代表 at 15:51| 時計の話

2016年10月12日

わかりやすさ

視覚障害者用腕時計.jpg
昭和40年代の視覚障害者用腕時計です。2時付近のボタンを押すと蓋が開き、指で針文字盤を触ることができます。誰にもわかりやすく、使いやすそうな顔つきで好感がもてる時計だと思います。多くの人に均等に良いイメージを与えることや物がが少なくなっているのは、生活が多様化しいろいろなことが複雑になり、お互いに分かり合えなくなっていることが原因でしょうか?
posted by 代表 at 13:14| 時計の話