2017年08月18日

溜まってしまう

zakka.jpg
趣味というよりは仕事がらですが、参考にしようとした雑貨がいつの間にかいろいろ溜まってしまいました。狭い仕事場がますます雑然としたものになってきました。そのうちに始末先を見つけなければと思いますが、残念ながら捨てるということになるものの方が多いのかもしれません。それにしてもかなり前のものでも入手経路を不思議なくらい覚えています。ですから仕事上のことでちょっと前のことでも記憶にないということが通ってしまう場所があるのはおかしな話だと呆れています。
posted by 代表 at 19:52| 雑貨

2017年03月21日

火傷注意

スチロールカッター.jpg
スチロールカッターを手に入れました。小さなスタヂオ故に高価な機材は維持費もかかるので何も無いのです。でもそこはやはり実際の手に触れる感覚が欲しいので発泡系の材料を手で削り出します。ちょっと厚目の材料を曲線で削るのにこれで少しは楽になると思いますが、何せ細い熱線が曲者で弱くなった視力もあいまって火傷しそうになりながらの作業です。それでもなぜか楽しくなるのでついつい夢中になってしまいます。
posted by 代表 at 18:47| 雑貨

2017年01月22日

革靴

革靴.jpg
一人での作業が多いので、スーツもネクタイも身に着けることがほとんどなく、合わせて革靴も履く機会がめったにありません。それでもたまに革靴を目にすると、会社員となり寮生活を始めたころ、毎日革靴を磨いていた同期の友人をいつも思い出します。革靴になじみがなかったので、磨くなどということをまったく考えなかった当時の私は、ただただ、にこやかに磨く彼を不思議に眺めていました。若くして亡くなってしまったこともあり、忘れられない記憶です。
posted by 代表 at 16:52| 雑貨

2016年01月27日

助かっています

手袋.jpg
100均の滑り止め付手袋。どんな手袋より便利なので冬はこれが運転時の必需品。今までのものに少しのアイデアで価格もおさえられて、ずっと使いやすく事故防止にもつながる。大げさですが、ものづくりの基本だと思っています。
posted by 代表 at 12:07| 雑貨

2015年12月09日

着け心地は?

縄文柄ネクタイ.jpg
縄文関係の依頼でネクタイ柄を作成しました。会社勤め時代でさえほとんどネクタイをしたことが無いので製品化にあたっては専門家にお任せしました。それにしてもネクタイはなんの役にたっているのかを考えると不思議なものであることを改めて思います。自己主張の道具のようでもあるけれど、かなり厳しい決まりがあったりします。5000年も前の模様ですが着け心地はどうなのでしょう?
posted by 代表 at 18:54| 雑貨

2015年10月28日

反断捨離

radio.jpg
少しづつ回りのものを片付けなければいけないと思っているのに、気が付けばまた物が増えてしまった真空管ラヂオ。昔は音だけでいろんな情報を得ていました。今は画像があって、字幕までついています。都会ではなかったので民放も一つしかありませんでした。断捨離すべきものはいっぱい世の中に溢れています。そうした環境への気弱な反骨心を満足させるために買ってしまうということですかね。
posted by 代表 at 18:16| 雑貨

2015年09月06日

荒物

荒物.jpg
下宿を始めた時に、先ず大家さんに荒物屋さんを教えてもらい必要なものを買いにいきました。バケツ、ほうき、ごみ箱、洗面器。今は荒物屋という店も言葉もほとんど見かけなくなりました。そこに置いてあるものにはデザインというフレーズは関係のない作り手の「思い」というよりも「無心」があったように思います。
そうした「無心さ」が今は必要な気がしています。
posted by 代表 at 18:04| 雑貨

2015年07月30日

君も?

夏バテ?.jpg
梅雨明けで暑い日が続きます。諏訪も昔はエアコンのある家は少なかったのですが最近はあるのが普通になりました。我が家はまだ扇風機でなんとかしのいでいます。40年前ですが、入社後の職場では窓からの風で舞いそうな図面を押さえながら仕事をしたものです。まあ空調化は人のためというよりコンピューターのためであることは間違いないとは思います。で、片付けをしていたら置時計の後ろがいかにも夏バテしていたので思わず撮りました。
posted by 代表 at 13:58| 雑貨

2015年07月02日

真空管ラヂオ

NATINAL RADIO.jpg
古めのラヂオを売っていたおじさんの静かな情熱に同調してしまい買ってしまいました。小さな頃は夕ご飯を食べながらラヂオを聞いていました。その時間帯の「赤胴鈴之助」の唄はよく憶えています。それでもラヂオは脇役的でした。テレビ、パソコン、スマートフォンとなるごとに生活の中でどんどん主役級になり、必需品というよりわがままな王様になってしまったようです。でもその実は「裸の王様」ではないかと思うのですがどうでしょうか?
posted by 代表 at 16:55| 雑貨

2015年02月10日

知らない幸せ

不見識.jpg
とある学校の即売会で600円で購入した中皿。適度の大きさで食卓にいつも並びます。しっかりした先生のおかげなのでしょうか、素人目にも良くできていると思います。きっと0の数が違っても納得してしまうかもしれません。私には土も製法も全くわからないので、ただただ形と色合いだけで買ってしまいました。いろいろわからないことが幸せなこともあると実感。
posted by 代表 at 14:39| 雑貨

2013年11月21日

本来の仕事

掛時計.jpg
お蕎麦屋さんにもらわれていきました。我家ではただ眠っていましたが、今度はちゃんと振り子を動かし、針を進める本来の仕事につきます。お客さんの話題になって、商売繁盛のお手伝いができることを祈っています。動いてこその道具と改めて思います。
posted by 代表 at 18:56| 雑貨

2013年11月07日

決められない。

pencil.jpg
本体も木でできている鉛筆のようなシャープペンシル。便利になるのは良いけれど変わってほしくない気持ちもあるのが人間の心情でしょうか?これは良いデザイン、悪いデザイン?聞かれたらなんと答えましょうか?そういったことを越えた年月を鉛筆は生き続けていることが判断を迷わせる理由です。
posted by 代表 at 18:54| 雑貨

2013年10月01日

枠.jpg
イラストや写真ではシンプルというより安くということで、細みなフレームに入れることが多いのですが、画材屋さんでちょっと立体的な額を何気なく買ってしまいました。さて何を入れるかで、ずっと悩みそのままになっています。油彩のような厚みのある絵?しばらくぶりで書くか?という気になってきました。枠が中身を決めるというちょっと主従逆転なことは世の中にもよくあることで、良い方に働くのは歓迎しますが、どちらかといえば中身よりも見せる為の枠、肩書きが幅を利かせる事態を招いてしまっていませんか?
posted by 代表 at 12:01| 雑貨

2013年06月24日

足が届かない!

OLD CHAIR.jpg
ずいぶん昔に買った椅子。きっとイギリスあたりの古道具屋からやってきたのでしょうが、座ってみたらどうにも自分の足がつま先しか着かないのです。ゆったりした時間をと思ったのにぜんぜん落ち着かなくて、いつのまにか物置になって、家での居場所も無くなり、事務所が余生の住処になっています。いろんな物で、実際に使ってみると「あれ?」となることはありますが、良いほうの「あれ!!」になってもらえるようにこの仕事も続けられたらなあと思います。
posted by 代表 at 19:04| 雑貨

2013年04月06日

これでも自作?

speaker.jpg
自分で作るスピーカーということで購入し、組立ました。木枠のやすりがけと、ニス塗り以外は単純な組立なので、自分で作ったとはお世辞にも言えませんが、少しでも構造がわかるとうれしいものです。ただ音に関しては一家言も無いので、自然に聞こえるのが良いとしか言えませんが、やはり人それぞれ聴く能力に個性があるでしょうから、本当にメーカーの人はすごく苦労しているんだろうと製造会社にいた人間としては想像しています。
posted by 代表 at 18:50| 雑貨

2013年02月14日

少年の頃

FOCKE-WULF.jpg
少年だった頃、今では想像できないほど少年向け雑誌には戦争を題材とした漫画や、記事がありました。多くは戦闘機が題材でしたので、当時一番安い30円で買えるプラモデルを小遣いを貯めてはあちこちに買いに行きました。。今はプラモデルを売っている場所も少なくなりましたが、当時は文房具店でも売っていました。買ってきては箱の絵を写したものですが、飛行機が一番書き易かったということもありましたし、その造形も惹きつけるものがありました。本日、中古品の扱い店で好きだったドイツの戦闘機の絵を見つけ思わず買ってしまいました。自分の出身地にあるメーカーであることも後押ししました。
posted by 代表 at 17:25| 雑貨

2013年02月09日

これも捨てられない

hunger.jpg
15年以上も前。アメリカのホテルでシャツの洗濯を頼んだら付いてきた木製ハンガー。今の便利なハンガーは、返したり捨てたりするのですが、これはずっと生き残っています。ちょっと壁にかかっているだけでも絵になる気がするのは思いこみ過ぎでしょうか?
posted by 代表 at 18:12| 雑貨

2013年01月08日

手袋

glove.jpg
手袋が無いと散歩ができない毎日ですが、毎年手袋の片方がどれか無いのです。季節があったかくなるともうお世話になったことを忘れてしまう結果なのです。どこかにしまい込んだというより、放り出したまま記憶が途絶えてしまうわけです。それで高価な手袋など視野に入らないのですが、その考えがものを大切にしないことになっているのでしょうか?それでもやはり自信がないので、立派な手袋は買えそうにありません。
posted by 代表 at 19:24| 雑貨

2012年12月14日

ストーブ

stove.jpg
もう20年以上働いてきた石油ストーブ。電気製品ですからもう寿命ということでしょうか?ファンの力が弱くなり、点火がうまくいかなくなりました。なだめすかすということが通じているのかわかりませんが、頑張れと言いながら挑戦するとそのうちに火が着きます。燃焼が見えるというので、当時としては画期的で、良くできたデザインだと思っていました。冬本番の前に交代機種を考えなくてはなりませんが、古いものは修理不可能と当然のように言われるのは良い気持ちのものではありません。
posted by 代表 at 14:34| 雑貨

2012年09月30日

普通

ordinary.jpg
事務所で先ず暑いコーヒーを入れる季節になりました。もう35年使っている普通のカップ、地元の陶器屋さんで買ったものです。デザイン業務についていたのに全く業界やブランド等に疎かった呑気な私には必要なことを満足してくれるものであれば良かったのです。そんな普通の感覚が大事なことなのかなとあらためて感じています。
posted by 代表 at 10:59| 雑貨