2022年08月26日

裏書

記念置時計.jpg
掛時計は広めの空間が必要になるので、小振りな置き時計を集めた時期がありました。その頃の時計には「〜記念」と書かれていることが多いのです。この時計にも「小諸銀行」と入っています。小諸銀行は不況の中、昭和3年に多くの銀行と合併し県下最大の「信濃銀行」となりましたが3年ほどで整理されてしまいました。昭和初期の金融不況の深刻さを物語っています。昭和初期の精工舎カタログにこの時計が載っていますので、解散記念だったのではと推測できます。この裏書が無ければ、長野県の銀行の歴史を調べることも無かったとは思いますが、ただ数多の置き時計の中からこの山羊のものを選んだ理由はなんでしょう。
posted by 代表 at 17:34| 時計の話

2022年08月20日

誰ぞ常ならむ

100years of SEIKO.jpg
素早く反応し答えを導き出すのは、どちらかといえば求められる能力であることが多いのですが、長い目で見るとその答えが正しくなかったということも多々あります。クオーツ腕時計が世界を席巻していた当時は「日本式」が称賛されていましたが、今はなにやら世界から取り残されたような言われ方をされています。コロナ禍の対応にしても、日本人の清潔さなどが取り沙汰され民族の優秀性を言葉にする政治家もいましたが、統計の取り方が公平でないことがあったとしても、最近の感染者数が世界一になったことをどのようにみているのでしょうか?しかし地球の歴史に比べれば、人ひとりの時間の長さはアッという間です。いつも何かを決めていかなければならないことも確かですから、間違いを認めることに何の問題も無いのですが、まるで無かったことのように記憶にございませんと言い放つのはとても腹が立つし悲しい。
posted by 代表 at 13:46| 日常

2022年08月12日

苦手だったこと

塩の結晶.jpg
我が家の子供の自由研究用に顕微鏡にデジタルカメラを接眼レンズに近づけて撮った塩の結晶です。思い起こせば
夏休みの楽しさを半減させるのが、「読書感想文」と「自由研究」でした。読書感想文は感想というよりはあらすじをを書いて、必要枚数を埋めるだけでした。自由研究は、先送りしてゆくうしろめたさを気にしながら、言い訳をどうするかを考えていました。言い訳はなんとかなりますが、研究は全く何をすれば良いか見当もつきませんでした。当時は一クラス50人近くでしたから先生も忙しかったでしょうし、夏休みなどない親に聞くこともままならずでした。今でも「読書感想文と自由研究」と聞くと苦い思いがよみがえります。
posted by 代表 at 17:14| 日常

2022年08月03日

世に連れる

時計戦争.jpg
1980年代は本当に仕事が忙しい時期でした。時計業界はデジタル化の波の中で電気業界等からの進出もあり、急速な円高と重なり先の見えない状況でした。それを象徴するかのような「24時間闘えますか?」のCMがガンガン流れていました。何とか持ちこたえた日本メーカーでしたが、それから30年で様相はガラッと変わってしまいました。だれも想像できなかったことですが今やアメリカンブランドのスマートウォッチが席巻しています。自動車も一気に電気自動車に移行しています。斯様に世の中の変化に人の感覚が引きずられます。ガラッと変わってしまうことは人物の見方にも多々あることです。一世代経ったとして当時の判断の白黒は意味のないものになってしまいます。誰かが判断するにしても、国が強制することだけはあってはならないことです。
posted by 代表 at 18:44| 日常

2022年07月24日

立つ鳥

旧時計ケース.jpg
本意では無いものの、仕事場で籠り気味になっているので、少し身辺を物理的に整理しようと思い立ち、早速始めました。しかし15年で溜まった物はそう簡単には片付かず、広げるだけに終わってしまい、そちら方面の才能の無さにため息が出てきます。それでもよくわからない物を残されたら迷惑だろうなと思うようになった昨今は、なんとかしなければとグッと真剣さが増してきています。
posted by 代表 at 19:09| 雑貨

2022年07月19日

靡かない

戦前文字盤.jpg
戦前の腕時計文字盤です。「AIKOKU」と名が入っています。こうした人の心を試すような名称が頻繁に使われるときは決して良い時代ではないです。こうした腕時計をはなむけとして戦地に向かった無名の人は少なくないでしょう。現代ではSNSを使って徒に多数意見であるかのように自説を煽ったりしながら、当時の隣組より怖い目に見えない監視社会を手にすることもできそうなので便利さと裏腹の警戒が必要です。
posted by 代表 at 19:03| 日常

2022年07月13日

お天道様音痴

ショップカード.jpg
パンフレットなどに地図を載せることが多くあります。スペースの関係でアレンジをするにしても、基本は簡略化して分かりやすくと頭を使うのですが、かなりの割合で地図を読むのが苦手という方がいますので徒労に終わることになってしまいます。「方向音痴」だからということになるのでしょうが、いろんなことで苦手なものに「〜音痴」と付けますが、愛嬌で済ませる程度であれば問題も無いのですが、「お天道様音痴」といって良いのかわかりませんが、古い人間としては「お天道様が見ているぞ」感覚が無い案件が最近多いの目にしてしまうことが、身の程知らずですが気になります。
posted by 代表 at 14:17| 日常

2022年07月02日

まずいなあ!

実像.jpg
今更ですが、人見知りであることもあってオンラインミーティングで、顔だけ出すのは何より避けたいと思っていたのですが、そうもいかなくなってしまいました。全くどの様に身構えていれば良いのかもわからいのですが、早速カメラを取り付けたのですが、まあそこに映りだされた自分の容姿に愕然としてしまいました。目を大きくしたりしわをとる技もわからないので、今できることは少しでも可愛げにした似顔絵の仮面を付けようかと本気で悩んでいます。
posted by 代表 at 18:35| 日常

2022年06月19日

丈夫な身体

雨ニモマケズ.jpg
藍染の手拭いに文字を入れて欲しいと頼まれました。文字の上手い下手が問われそうにない宮沢賢治のメモのような遺作でもありながらよく知られた文章を書いてみましたが、何とはなしに写経しているような気持ちになりました。この後も分相応の生き方しかできませんが年齢のせいか丈夫な身体は確かに大切なことだし、そう願いたいと思いました。
posted by 代表 at 13:31| 日常

2022年06月12日

錯視

錯視.jpg
ある錯視の例ですが、同じ色彩でも背景の濃淡で全く違って見えることはよく知られています。大げさに言えば育った環境や、周囲の状況でものの見方が違ってくることと似ています。事実は一つでも違って見えることを理解するには、全体を理解する想像力が必要ですが、偏っていても自説を強力にアピールすることの方が受けが良いのは歴史が証明しています。
posted by 代表 at 16:39| 日常