2021年05月29日

5(ファイブ)が欲しかった頃

ファイブ展.jpg
国内市場に於いて商品の終焉に係わっていたので、「ファイブ」についての展示をためらっていたのですが、やはり「世界のセイコー」というまでになった功労者である「ファイブ」について振り返ることにしました。今までの展示に比べると、携わっていた人達も諏訪地方には多く居られるので、資料の精度も上げたいということもあります。今でも腕時計は塩尻で高級品中心に製造されていますが、地域の基礎産業としての時計作りを感じることはなくなってしまいました。「時計を作っていたんですか?」と言われるだけで終わらないようにしなければと思っています。
posted by 代表 at 17:07| 日常

2021年05月19日

知新は難しい

過去の仕事.jpg
30年ほど前に古いラジオを参考に作成した時計のダイヤルデザイン。その元はそこから50年以上前の戦前資料でした。ウェブのオークションサイトにモデルが載っていたのですが、本当に安い値付けなのに誰も買ってくれそうもないので入札してしまいました。30年間どこを流浪していたのかわかりませんが、そんなに傷んでいないのもむしろ寂しい気にさせてくれます。まだ問題なく動くので傍に置いておきます。アラビア数字もローマ数字も昭和初期の頃のバリエーションには驚かされます。温故知新となれば良かったのですが、ほとんどそのままなので黙っていますが知新はとても難しいのです。
posted by 代表 at 19:07| 時計の話

2021年05月13日

孤軍奮闘好き

TOKYO1964.jpg
いつの頃からか、私はどうも一緒に多勢で応援したり行動するということが苦手になってしまい、スポーツ観戦とか、大型レジャー施設から距離を置いてしまうようになってしまっています。面白くない人間かなと思いますが、ただ頑張る人を応援するという気持ちは有ります。とくに異国情緒に馴染めない劣等感だらけの内弁慶である私とすれば判官贔屓の傾向も強いので外国勢の中で立ち向かう人の姿には感動してしまいます。前回の東京五輪大会は学業の成績が急降下するほど夢中で見たものですが、今は海外の大会で孤軍奮闘する人達を密かに応援するという場面を体感したいのが実情です。
posted by 代表 at 17:48| 日常

2021年05月10日

パンクの謎

自転車通学.jpg
世の中が連休だったので、県外ナンバーの多くの車を避けて、自転車で諏訪湖周辺を徘徊しました。私の高校時代も自転車通学でしたが、3年間でパンクは2回は無かったと記憶しています。ところが我が家の高校生は当時5回以上はパンクしていました。今回自転車で走ってみて、車を避けてコンクリートやアスファルト、側溝蓋の上を通過するには、案外固いものの角を越していかなければならないことに気が付きました。ショックアブソーバーたるおしりもかなり痛くなりました。これはたしかに細い自転車をパンクさせるには十分の衝撃を与えるはずです。砂利道もまだかなりあった私の高校時代に比べれば、道も整備されているはずでしたが思いの外危険な行程です。パンクの多い理由はわかりましたが、お偉方も自転車通勤をしなければこの危なさは気が付かないと思います。
posted by 代表 at 19:27| 日常

2021年05月02日

表紙

新潮.jpg
古い時計の宣伝ページを探していると良く目にする男性向け週刊誌の表紙。本当に長い間表紙を飾ってい作者の絵です。現在の週刊誌事情を考えれば、この絵が表紙に選ばれるかは疑問の残るところです。扱う記事内容がそんなに変わっていない気もしますが、ただただこの絵を使い続けたことが、出版社のある矜持を感じてしまうのは思い過ごしでしょうか?活字業界の存在が難しくなっている中で、そんな気持ちなど大きなお世話でしかないと思いますが、活字文化で育った世代としては寂しい気分になります。
posted by 代表 at 17:16| 本・雑誌

2021年04月30日

夢か現か

万治安寧令和三年.jpg
近頃は睡眠力不足もあって、眠りが浅いこともあるのでしょうが夢をよく見ます。それもなにやら凄く現実感があるので「夢か現か」という感覚が分かりかけてきました。どうせならこれを楽しもうと思うのですが、やはり夢に出てくるのは嬉しいことより、気がかりになっていることが多いのは致し方ありません。夢の内容は経験したことが基本なのだそうですが、ずいぶん前は夢の中で、空を飛んだり、大きなUFOに出くわしたりしました。最近は身近なことが多いので、益々「夢か現か」感覚になるのでしょう。コロナ禍の世の中のことも後から夢にみるのでしょうが、そのためには絶対に終息後までは生きてやるぞと新たに気を引き締めています。
posted by 代表 at 19:47| 日常

2021年04月24日

消える田舎道

電動アシスト.jpg
桜も散り、梅雨までの間に乗らなければいつ使うのだと覚悟を決め、電動アシスト自転車で仕事場に出かけることにしました。わずか数キロなので運動不足解消になるかは何とも言えませんが、車よりは良いだろうと決めました。大きな通りや信号を避けて古い道を通うのですが、狭い通路に面したお宅でも家の前は駐車場になっているので、気を付けながら走るのですが、車社会で無かったらこの時期、青い生垣の連なる風情ある良い田舎道のままだったのにと大きなお節介と知りながら通り抜けています。
posted by 代表 at 15:14| 日常

2021年04月19日

令和3年版

悪疫退散令和三年.jpg
改めて更新しました。1年以上経つのにまさかです。それもまだ終息の気配も見えませんし、むしろ広がっている状況です。政権の不手際はありますが、ともかく民主主義的な体制の難しさが表れています。こうした中でもなんとか意見を闘わせながら道を探るしかありません。独裁的であれば強引な手法もとれるかもしれませんが、どこかの国のように国民よりも体制を守ることが第一義になる悲惨な状況を生み出してしまいます。
posted by 代表 at 19:38| 日常

2021年04月04日

不苦労

フクロウ振子.jpg
様々なところに縁起ものとして使われる「フクロウ」。巣ごもりがちな日々のなか振子時計を作りました。自作でできるのもクオーツ化のなせるわざということです。自分だけで楽しむには十分ですが、人に譲るとなると、いろいろな問題もでてきます。知人なら何とかなることもお客として対処するとなると保証とアフターサービスなどですが、どんどん作る側にはシビアになっています。飾って頂ける家よりも製作者側の「不苦労」のおまじないという風情になってしまっているかな?
posted by 代表 at 18:15| 時計の話

2021年03月24日

たまには馬の耳

24時表示鉄道時計.jpg
昭和初期に満州鉄道などで使用されたタイプの懐中時計で、24時表記と外周の数字分表示が特徴です。とはいっても鉄道時計に興味が無ければ、何?といったところでしょうか?かように他人の趣味嗜好は理解しがたいことも多々あります。仕事がら新しいことにはできるだけ触れるようにしてきたのですが、いまや世代間の距離感が年齢と共に広がっていき、世の中の事象についていけなくなってしまいました。理解することが難しくなってしまった感じです。歌も、映画も、漫画も何のことやらといった感じです。しかし今は無理に迎合しないことにしました。変に分かったような相槌を打つことも止めましょう。物分かりの悪い人間になるかも知れませんが、世の中には知らなくて良いことがたくさん溢れています。
posted by 代表 at 12:33| 日常