2018年06月19日

街の奥行

移動古本屋.jpg
街なかのイベントで移動古本屋さんが来ていると聞きつけ、だんだん本も読まなくなっているのに、なにやら気持ちがざわつくので見に行ってきました。店舗型の本屋さんは少なくなりましたし、古道具屋さんも見かけなくなりました。それでも最近は私などよりずっと若い人がそうしたお店を立ち上げたりしています。少なくなったから逆に今様のやり方で新しい道が開けることもあるということです。クオーツ腕時計が出たときは機械式時計は終わったといわれたものですが、そんなことはありませんでした。先を読むことは難しいですが、界隈の人々を取り込むことは街に奥行きが出てきます。「また来ます!!」といえる場所が増えることが希望です。
posted by 代表 at 17:22| 日常

高さ5センチ

お地蔵さん.jpg
また大きな地震がありました。どこにいても安全ということは無いということです。半世紀以上を生活していると自分だけは何故か大丈夫と思いがちですが、危険要素とはいつでも隣り合わせで生活していることは確かです。誰が決めたのかわからない理不尽としかいえないことが世の中には起こります。そんな気持ちを落ち着かせようと、手を動かしているとちいさな像のかたちが出来上がってきます。
posted by 代表 at 16:46| 日常

2018年06月07日

片付け

bookshelf.jpg
定期的な要件が少ない個人事業は景気に左右されるのですが、普通とは反対で景気が悪い時の方が相談事が多いのです。上向きになるとそうしたことが減ってきます。ということ少々暇ができたので、大分やってなかった資料整理をすることにしました。あちらこちらにいろんなものが溜まっています。何も考えずニヤニヤしたりこみ上げる怒りに戸惑いながら出たとこで片付けていくので、立ったり座ったり行ったり来たりと効率の悪さは際立ちます。でもそこは一人の気楽さで、むしろ運動になると考えれば気楽なものです。勤めていた頃は「3S」(整理、整頓、清潔)作業は厭な時間でしたが、それも賃金が払われるのですから追い立てられるのも致し方ないのですが見た目だけで胡麻化していたような気がします。
posted by 代表 at 19:34| 日常

2018年05月28日

街歩き

すわまちくらぶ展示.jpg看板建築.jpg
諏訪の駅前通りにある看板建築のひとつで諏訪周辺地域に関わる時計の展示会が催されています。私の担当分としてそこに昭和20年代から40年代にこの地で作られた腕時計を展示しました。国内で機械式腕時計が盛んに作られてていた黄金期といえる時代です。それより時代は下りますが私が諏訪に来た頃には駅周辺を会社帰りの人たちが電車の時間を気にしながらも馴染の店に向かいながら行きかっていました。地方創生といわれながら駅前はどこも寂しい感じです。テレビやニュースも腹の立つことだらけです。街歩きで面白いものを探すことをお勧めします。
posted by 代表 at 19:10| 日常

2018年05月22日

明治のトンネル

明治のトンネル.jpg明治のトンネル内部.jpg
ちょうど良いクラス数、生徒数だったのでしょうか、中学校の同窓会は続いています。そんな機会に翌日宇津ノ谷峠のハイキングコースに誘われました。そこそこの長さを生きてきたので、偶然にと思うことも良くあるのですが、テレビで同時代の「旧天城トンネル」の紹介を見たばかりに、峠でこの地の「明治のトンネル」を通る不思議を感じながら、レンガ造りの大変さに思いを馳せました。テクテクと峠を歩き、地元の「とろろ飯」を食してみると普段の中で感謝を感じるセンサーが鈍っているなと痛感しました。
posted by 代表 at 18:15| 日常

2018年05月11日

使い心地

時間を見る.jpg
ワイシャツ作りの職人が「着ていることを忘れるシャツ」が理想と言っていました。となれば付けていることを忘れる時計が理想ということになりますか。確かに大きく厚い時計は仕事上は邪魔ですし、何よりも「できる感」がしないと思うのですがどうでしょう?オーダーで袖を短めにしたりする御仁もいるかもしれませんが時計の目立ち過ぎは無粋な気がします。日本の時計会社はドレスウォッチメーカーと呼ばれるためにクオーツ腕時計は薄型を目指していました。
posted by 代表 at 17:26| 時計の話

2018年05月05日

雨宿り

THE SETTING SUN.jpg
八重桜も終わり梅雨までが諏訪の過ごしやすい時期です。雨になれば雨宿りということになりますが、今はアルミサッシの防水性もあって、通りから庇というか軒先が無くなってしまいました。車社会で建物の前は駐車スペースということもあるでしょうし、安いビニール傘の普及ということもあって、他人の家の前の雨宿りは消えてしまった風景のひとつです。軒先での雨宿りが歌や小説のネタになりにくくなったのと同時に街並みの陰影も無くなり、絵にもし難くなりました。
posted by 代表 at 18:32| 日常

時計のW?

時計の4.jpg
今は手軽に情報が手に入るので、知らなかったことでもそこそこに視覚化できてしまったりするのですが、ちょっとしたところでほころびが出てしまったりします。ローマ数字の時計をアレンジした画像が出てきたりしますが、4がWになっていることが良くあります。ロンドンのあのビッグベンもWなので間違いということでもないのですが、身の回りに使用される時計の4は棒を4本ならべて表記することが古くからの習わしになっていて、今も時計だけに使われている特徴的な数字です。バランスもその方が良いので、よほどの理由がない限りはいまでもそのまま棒4本にしますが、時計業界のみの暗黙の了解ということでしょうか。自分の仕事を振り返ってみて、そんなことも知らないただの門外漢といわれることをしているかもしれないと思うとドキッとします。
posted by 代表 at 18:05| 時計の話

2018年04月26日

勝ってな思い込み

リンゴの花.jpg
華やかな桜の後にリンゴの花が咲いています。白く可憐な花ですから「リンゴの花のような」と男どもは勝ってに女性のイメージを繋げてきました。故郷と結びつけて詩歌の世界に浸ってもきました。就職のために信州に来た私には残念ながら「初恋」には結びつく思い出は無いのですが、忙しくなる農家の方には申し訳ないと思いつつ、それでも小振りな白い花を勝ってな思い込みで愛でることは仕方のないことだと許してほしい気持になります。
posted by 代表 at 19:33| 風景

2018年04月16日

名前

春の土手.jpg
諏訪の平では一斉にいろんな花が咲き始めています。道端の雑草では一度で名前を覚えたのは「ヒメオドリコソウ」。外来種で繫殖力も強く、見かけにしては可憐な名前の植物なのですが、名前に少し騙されてちょっと可愛くもみえてきます。仕事がら名前を考えることは良くあるのですが、言葉のイメージは印象を決めてしまうので、ないがしろにはできないことです。行き過ぎたダジャレ風や、方言に寄り過ぎたネーミングは慎まなくてはならないと気を付けています。
posted by 代表 at 19:32| 植物